免許・国家資格

薬剤師に必要なもの、それは国家試験に合格することです。これに合格しなければ、まず薬剤師になることはできません。実際に合格すると薬剤師名簿に登録することができるので、そこでようやく薬剤師として働けるようになります。

この国家試験に関しては、薬学部大学・大学院に通っている間に受験資格を得ることができます。もちろん、薬剤師にどれだけなりたいと思っても、合格しなければ薬剤師として働くことはできません。そこはシビアなので、しっかりと学んでいくことが必要となります。薬剤師の多くは一発合格で資格を取得していますが、中には何度も受験して、ようやく合格して薬剤師の道を踏み出すという方も多いです。

せっかく学んだことが1回の試験失敗で水泡に帰すということはないので、そこは安心してください。もちろん、しっかり知識を身に付けていけば、合格できるのも事実です。一発合格すれば薬剤師としてのキャリアもよりしっかり重ねていくことができるので、ぜひ一発合格を目指して勉強を重ねていきましょう。国家資格を持っていない人は薬剤師として認められないので、そこはしっかり取得できるように薬剤師に必要な基礎から応用までマスターしておくようにしましょう。